吉田町漁協について 商品一覧 マダイの直売 ご注文フォーム 鯛のおろし方 婦人部企画
ホーム お問い合せ
 


海の幸コロッケ鯛の押しずし鯛のかぶら蒸しはまち春巻揚げ鯛飯
 
 
海の幸コロッケ
発案者:おさかなママさん/早尾まゆみ

  材料(4人前)
  海の幸コロッケ
玉ネギ 中1ヶ
ひじき 5g
焼魚 300g
少々
レモン汁 大1〜2
バター 少々
じゃがいも 200〜300g
2ヶ
人参 20g
こしょう 少々
スキムミルク 少々
小麦粉 パン粉 揚げ油

  作り方
  (1) 玉ネギ、人参、水に戻したひじきをみじん切りにする。みじん切りにしたものをバターで炒め、塩こしょうをしておく。
  (2) 焼魚は、身をとってほぐし、レモン汁をかけておく。
  (3) じゃがいもは、ゆでて粉ふきにして、つぶす。炒めた(1)と(2)を入れ塩こしょうで調味する。この時スキムミルクを入れる。
  (4) 丸めて、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて揚げる。つけ合わせにキャベツ、キュウリ、トマトを添える。


鯛の押しずし

  材料(4人前)
  鯛の押し寿司
3合
200g
青じそ 2枚
焼のり 1枚
合わせ酢  
大さじ4
砂糖 大さじ2
小1/3

  作り方
  (1) 米は炊く30分前にといでうち上げておく。
  (2) 鯛はうろこを落として三枚におろして中骨をとり薄くそぎ切りにして塩をし(15分くらい)酢につけ(15分くらい)うち上げておく。
  (3) 分量の水加減で御飯を炊き合わせ酢の材料をよく混ぜ、木じゃくで切るようにして混ぜすし飯を作る。
  (4) 青じそは線切りにしておく。
  (5) 押し箱を酢水でぬらしすし飯をつめ上を平にしてのりを置き、その上にすし飯を置き青じそを置きすし飯をのせ鯛を置き押しぶたでよく押す。
  (6) 箱から出して切り皿に盛り付ける。


鯛のかぶら蒸し

  材料(4人前)
  鯛のかぶら蒸し
かぶ 4ヶ(1kgくらい)
2ヶ

(50g) 4切
下味 (酒 塩 少々)

ぎんなん 8ヶ
生しいたけ(中)
(じくをのぞいてうす切り)
2枚

柚子の皮(みじん切り)
1/4ヶ
(張りゆず 水をさっとくぐらす)
三つ葉 1/2束
(お湯をさっと通す)3cmくらい
小3/5
うす口しょう油 小1
みりん 大1

出し汁 1cp
少々(ひとつまみ)
しょう油 小1(香りづけていど)

片栗粉 大1/2
大1

  作り方
  (1) かぶは皮を除き、すり卸してザルに受けて、自然に水気を切る。
  (2) ボールに(1)と卵、を混ぜる
  (3) 鯛に下味をつける(15分間)鯛の下に布きんかアルミホイルをしき中に火が通るまで蒸す。
  (4) 器に(3)を盛りその上に生しいたけの線切りとぎんなんをのせ(2)をかけ中火で10分間蒸す。
  (5) をわかしでとろみをつける。
  (6) (4)に(5)をかけ三つ葉と柚子をちらせて食べる。


はまち春巻揚げ

  材料(4人前)
  はまち春巻き揚げ
豆腐 半丁
人参 1/4本
はまち (正味)200〜300g
みつば 1束
春巻皮 4枚
少々
少々
揚げ油 適量
レモン 1/2個
片栗粉 少々
パセリ 少々

  作り方
  (1) 豆腐は押しをして水切りする。
  (2) 魚はウロコをとり、3枚におろして、腹骨と中骨をとり1cm幅の棒状に切り、酒・塩少々をふって10〜15分おく。
  (3) みつばは洗って、10cmくらいの長さに切る。人参は、千切りにする。
  (4) 春巻の皮を広げて(1)(2)(3)をのせて包む。巻き止まりには、水溶き片栗粉をつけて止める
  (5) 揚げ油を180℃くらいに熱して、(4)をきつね色になるまで揚げる。
  (6) 器によく油を切った(5)を盛りつける。器の横にくし形に切ったレモンとパセリを飾る。


鯛 飯

  材料(6〜8人分)
  鯛飯
5カップ
(正味)500〜600g
大さじ3
小さじ1
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
化学調味料 適量

  作り方
  (1) 鯛はウロコと内臓をとり酒をふっておく。米は洗ってザルにとり30分おく。
  (2) 炊飯器に米と、調味料分だけ控えた水、たれ、各調味料を入れ、鯛を上にのせ、普通に炊く。
  (3) 鯛の身をほぐし、よく混ぜ、茶碗につぐ。天盛利として、もみのりやユズの皮の千切りをそえる。


| 吉田町漁協について | 商品一覧 | マダイの直売 | ご注文フォーム | 鯛のおろし方 | レシピ | HOME |
■吉田町漁業協同組合 □〒799-3710 愛媛県宇和島市吉田町立間尻甲428番地
□TEL 0895-52-0305 □FAX 0895-52-4355  □E-mail
 info@y-gyokyo.com